デザイナーズビレッジとは

台東デザイナーズビレッジは、ファッションやザッカ、デザイン関連ビジネス分野での起業を目指すデザイナーやクリエイターを支援する施設として2004年4月に旧小島小学校の校舎を活用して設立されました。

ファッションやデザイン等の分野では、実力次第で大きく成長することが可能とはいえ、個人や小さい会社でビジネスを育てていくことは、たいへんな努力や周囲の支援が必要ではないでしょうか。

仕事スペースが狭い、商談スペースが無い、商品を飾れない、取引先や仕入先などと遠くて不便。仲間や相談相手がいなくて、いつも一人孤独に仕事をしている。ネットワークが広がらない、知名度があがらない。
等、いろいろな悩みがありますが、デザイナーズビレッジに入居することで、一人だけで頑張るよりも、有利に対応できるようになります。デザイナーズビレッジのハード、ソフト、ネットワークの活用により、起業のリスクを低減させ、企業としての成長を支援することを目指しています。

デザビレtdv-op2

■入居のメリット
1.レトロな小学校の教室が自分のアトリエに
・昭和3年築の小学校を改築し、レトロな雰囲気を色濃く残した堅牢な作りの空間は仕事に集中できる施設です。
・低額な家賃での自分だけのアトリエを持つことができ、制作スペースや展示スペースなど共有施設を使うことができます。
1入居者アトリエ

2.モノづくりに適した立地・環境

・周囲はファッションザッカの産地:バッグ、帽子、シューズ、ジュエリー、アクセサリー等の材料仕入れから、加工まで、デザビレ近隣にはファッション関連企業が集積し、モノづくりに最適な環境です。最近ではクリエイタ-が集まるカチクラ地域として注目されています。

zassi

・都内屈指の好立地:大江戸線/つくばエクスプレス線「新御徒町駅」からは徒歩1分。その他JR、東京メトロ銀座線・日比谷線の最寄り駅から徒歩約10分程度です。

・デザビレの施設公開から始まったモノづくりの地域イベント「モノマチ」は台東区南部カチクラ地域の200社以上が参加する東東京を代表するイベントに育ち、多くのお客様がデザビレや台東区に来てくれるようになっています。

3.インキュベーションマネージャー(村長)や台東区による支援・相談
・インキュベーションマネージャー(通称村長)によるブランド育成のアドバイスや、台東区産業部経営支援課による支援、地元金融機関等による支援メニューを活用することができます。
・ブランドコンセプトの見直し、商品企画、生産工場との使い方、プロモーション、営業、経理、知的財産、助成金申請など幅広く対応しています。自分だけで悩むことなく、気軽に相談することができます。
・デザビレ主催のセミナーやファッション関連団体等によるセミナーが多数開催されています。講師陣とのネットワークも築くことができます。
4.ネットワーク:
・入居者同士で刺激を受けたり、お互いに情報交換や相談をしあったり、さらにはデザビレを卒業したデザイナーたちとも連係したりとネットワークが広がります。
・マスコミ、ファッション業界から注目されていることで、ネットワークが構築され、その中から新たなビジネスチャンスが生まれています。
卒業式

過去70組以上のデザイナーが起業家として成長し、ビジネスを拡大させて卒業していきました。多くの先輩たちがファッション業界を中心に活躍しています。
デザイナーズビレッジは、たんにデザイナーのお世話をするところではありません。デザイナーや企業が自分のビジネスを成長させるために、「活用する」ことで価値を発揮する施設なのです。

台東デザイナーズビレッジ 村長 鈴木淳

※注意とお願い

入居審査などについて、入居クリエイターに個別に問い合わせするのはご遠慮ください。

入居に関する説明会は9月~10月にかけて3回実施予定です。

おすすめ記事

SNS情報

ページ上部へ戻る